【ワーママの転職】職場復帰したばかりですが転職活動しています。

仕事・勉強

適応障害による休職から復職を果たしたものの、さっそく転職のことで頭がいっぱいのちゃみです。

時間があった休職中に色々考えたり感じたりした結果、転職を決意しました。

復職直後、久しぶりの会社で感じていること・心身の状態

短時間のリハビリ勤務は、勤務後の疲労感が無く心身共に余力がある

今の会社の業務が性に合わず、ストレス

復職2週間経った頃、ストレスからか動悸、ふらつき、疲労感など自律神経が乱れる

休職前と部署は変わったが、会社のやり方は変わらずストレス

例えば、

  • フォルダがやたらと深く目的のファイルに辿り着くまでに時間がかかる、
  • 定期ミーティングが無く同じ課内でも他の人が何をやっているのかわからない、
  • 1on1など上長との面談機会が皆無
  • 社内会議の種類が多く、会議のための資料作成に忙殺される…など

リハビリ勤務終了後、フルタイムに戻れば定時は18時近くで帰宅後が忙しくなりそう

在宅勤務用ノートパソコンが支給されたものの、原則出社。
在宅勤務の体制を整えても活用されていないのが不満。

入社前に感じた違和感が入社後もちょこちょこ感じる

…見事に「BAD」ばかり。。。

身体の不調が暑さによるものなのか、仕事のストレスによるものなのか、加齢によるものなのか判断がつかないのですが、仕事や会社に対して「嫌だなあ」と思う気持ちがあることは事実です。

こんなに不満があるのに、なぜ今の会社を志望した?

今の会社に決めた理由

  • 家から近い
  • 車通勤可

この2点は、当時保育園への送迎をしていたため優先順位の上位でした。

・事務の経験を活かせる

面接では、公務員だった時、産学官連携のプロジェクトで他業界の人たちと協働した実績をアピールしました。今度は、「学」の立場で同様の仕事をしたいという気持ちがあったので、今の会社(教育業界)を受験しました。

幸い、年齢制限も無く、筆記試験・3回の面接をクリアし、専業主婦のブランク期間に終止符を打つ事ができました。

思っていたのと違う・・・

行政事務、一般事務、大学事務、英文事務、医療事務…一言で「事務」と言っても色々な種類があります。

「事務」経験者であれば、どの事務でもこなせると思っていました。

私が経験のある「行政事務」は、企画や発表、イベントの場も多く、資料作成だけに終始するような感じではなかったので、楽しく仕事をしていました。

しかし、今の会社の「事務」は、まさしく「裏方」。データの加工、整理、編集をしてひたすら資料作成するという業務です。事務を希望していたのは事実ですが、ここまでパソコンだけと向き合う業務だとは思いませんでした。

業務内容だけではなく、色々と違和感を感じる社内体制にも「合わなさ」を感じています。

と、いうわけで、休職から復職を果たしたばかりではありますが、転職を検討しています。

休職中、子供が私のフォローを必要とする場面があったり、私が家にいることで便利な事もあったりで、働き方を含め仕事を変えることを考え始めたのです。

転職で期待すること

・リモートワークで働く時間と場所を主体的に選択したい

・勉強を続けてきた英語を仕事で発揮してみたい

・前職で得意だった、企画やプレゼンをまたやりたい

・成果主義により、時短でも評価され給与に反映されること

・仕事で評価されたい

このタイミングの転職で不安なこと

利用している転職エージェント、転職サイト

リクナビNEXT

 就職といえば「リクナビ」というぐらい王道ですよね。とりあえず最大手という事で登録しています。

リアルミーキャリア

 時短正社員に特化した転職エージェント。「時短で正社員」というキーワードに惹かれ、登録しました。

リンクトイン

アメリカ発のビジネス用SNS…らしいです。ツイッターで繋がった人に勧められるまま登録したのですが、どうも、外資系や英語人材のスカウトなどにも利用されているっぽい。

英語を使った仕事にずーっと憧れがあるので、このタイミングで英語求人にチャレンジしてみようと思い、英語でプロフィールなど書いてみました。

利用しているのは、今のところこの3社ですが、今後これらのエージェントの利用レポートもお届けしようと思います。

ブログ村に参加してます。ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました