【キャリア】適応障害の症状 −私の場合−

仕事・勉強

正社員として再就職を果たし1年たった頃、私は適応障害と診断され休職することになります。

適応障害

日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じたもの。原因が明確でそれに対して過剰な反応が起こった状態をいう。
日常生活の中で起こった出来事や環境に対してうまく対処できず、心身に様々な症状が現れて社会生活に支障をきたす状態をいいます。ストレスの原因が明確であることが定義上重要となります。
症状はゆううつな気分、不安感、頭痛、不眠など、人によって様々ですが、仕事や学業などを続けたり、対人関係や社会生活を続けることに問題のある状態となります。これらは一般的には正常な人にも現れる症状ですが、適応障害の場合はそれを超えた過敏な状態となります。
治療にはまず原因となっているストレスを軽減し、心理的に回復させることが必要です。また、場合によっては薬物療法が必要なこともあります。

厚生労働省 e-ヘルスネット より引用

家庭、育児と両立しながら1年頑張ったけれど、当時はとても苦しく辛い毎日だった事を思い出します。今回は、適応障害の症状について私のケースをご紹介します。

めまい、吐き気などの自律神経失調症状

めまい、吐き気の他、胃痛、下痢、耳の詰まった感じがありました。太ももやお腹がかゆくなる事もありました。朝起きた時から疲れているような状態で、身支度や通勤も一苦労。土日は疲れで寝込んでいる事が多かったです。
緊張感が取れず、背中がずっと痛かった・・・

できない事が増える

疲れて気力が無く、子供が穴の空いたズボンを履いているのを見た時、裁縫もせず穴の空いたズボンを履かせている自分が悲しくなりました。

子供の送迎時に他の保護者と会いたくないと思っていました。雑談などに応じる気力が無かったのと、何もできていない自分の合わせる顔が無いというような感情でした。

また、週に1回の生協の注文を何度も忘れたり、請求書の支払い忘れもありました。

趣味で楽しんでいたピアノや英会話オンラインレッスンもまったくやる気がなくなってしまいました。

自信の喪失

注意力の減っている自分を補助するため実践していたのが、仕事のTODOをメモし、終わったら消すという事。しかし、本当に完了したのか、なんで消したのかが気になって、終わった仕事を何度も確認していました。そのうち、自分が作ったTODOリストを見ても何から手をつけていいかわからなくなってしまいました。

仕事中、電話対応していても「出来ない自分」への悲しい感情が込み上げてきて涙声になってしまいます。

頭はモヤモヤすっきりしないのに、気持ちは焦ってドキドキしている状態でした。

この頃は無能感でいっぱいで、

ちゃみ
ちゃみ

ブランクのある専業主婦が正社員に再就職するなんて身の程知らずだった。
能力不十分で解雇してほしい・・・

と思うように。
実際、人事や産業医にもこのセリフを伝えました。

心療内科を受診し、上記の症状を伝えた所、「過労による抑うつ状態」と診断されました。できるはずの事ができない、自信が無いという状態は、とても辛く悲しい事でした。

一方で、診断が下りて安心した事を覚えています。原因がわかり、これからは治療できる、治せるんだという気持ちもわずかながら出てきて、苦しい毎日から開放され、ほっとしました

ブログ村に参加してます。ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました